日々是雑感ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「家族八景」第6回

<<   作成日時 : 2012/02/24 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 第6話「日曜画家」。脚本・佐藤二朗、演出・白石達也。今回はまず石野真子が佐藤二朗さながらの台詞回しでしゃべっていました。もちろん脚本の指示だと思うのですが、そうなるといつものドラマでの佐藤二朗のコメディ演技は、ほぼ彼のアドリブだということになりますね。

 ストーリー的にはシンプルで、いい人だと思っていた日曜画家の旦那が実はとんだ好色家だったというオチ。見所はこの日曜画家の抽象画風の心象風景なわけですが、CG製作の予算の関係かあっさりとしたものでした。このあたりをもうちょっと凝ったら印象に残る作品になったのに惜しいことです。

 次回「知と欲」はどうやらオリジナルのお話みたいです。クセ者俳優が何人か出ているのでどうなるのか楽しみ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
個人的には一番好きかも。矢島健一って、ちょっと神経質そうな人の役をやる人ってイメージなので、まさか今回のような役もできるとは思ってませんでした(^o^) しかし無の境地を究めるとは禅宗の高僧並ですな。私もあのスルー能力が欲しいです(^^) で、心象風景ですが、確かにそれなりの才能がある人のにしてはチープでしたね。お花がボツボツ咲くってよりも、草間彌生チックにドットが増殖していくとかだったら面白かったのに。まあ深夜ドラマだし、そこまでお金かけれないんでしょうね。
武臨
2012/02/25 09:54
 確かに矢島健一って小うるさい警察の上司とかがハマリ役なだけに、今回のこの役は意外でした。でも、きっちり演じていましたね。
 心象風景の描写に関しては深夜ドラマの予算的な限界が出た感じでした。これが映画とかだともっと金かけられるんでしょうけどね〜。
管理人
2012/02/25 19:18
「家族八景」第6回 日々是雑感ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる