日々是雑感ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマ特別企画「悪女について」感想

<<   作成日時 : 2012/05/03 22:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 沢尻エリカ主演のスペシャルドラマ「悪女について」。有吉佐和子の同名の小説が原作で、脚本は池端俊策、監督は鶴橋義夫です。

 これは予想以上に面白かったですね。2時間半があっという間でした。たぶん原作が優れているんでしょうけど、それを生かした脚本・演出でした。

 昭和の高度成長期を駆け抜けた一人の女の生き様を、周りの人の視点から描いた作品。タイトルの「悪女」というのはもちろん男目線からの表現で、それが中心になって物語が展開します。悪女と呼ばれた女に隠された真実の愛とは?というのがテーマだと思います。

 主演の沢尻エリカ、ドラマ出演は5年ぶりですが、そのブランクは全く感じさせませんね。キャラづくり、演技共に申し分なかったです。彼女の女優としての魅力と存在感はやはり凄い。若手女優の中でも頭一つ抜けていると思います。

 船越英一郎の2サスみたいなわざとらしい演技は浮いている気がしたんですが、それも狙ってやっているんでしょうね。年下の小娘に振り回されるってスタンスがわかりやすく表現されていました。このドラマ、思わせぶりなところがあまりなく、終始わかりやすく作られているのが良い点かと。

 脇で良かったのは余喜美子。ああいう役をやらせたら右に出る者はいない。流石としか言いようがなかったです。富小路公子の存在に説得力が出たのは、彼女の演技の賜物でしょう。

 久々に見応えのあって面白い2時間ドラマでした。主演で女優復帰した沢尻エリカにはこれからもまた活躍してほしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
男性陣のヘタレぶりと女性陣の強かさのコントラストが面白かったですね。特に主演の沢尻エリカの清純さと強かな計算を同居させたキャラが良かった。やっぱ可愛いわ(^^)まあこういうの見せられると、例の騒動も女優のキャリアにはプラスになってるような気がします。あとは仰るとおり余貴美子がいいですね。ドラマ中、君子に唯一対抗できる徹底した強かキャラの作り込みは流石ですね。破綻の兆しを見せ始めた君子の死の理由がはっきりしないのも余韻があって吉。映画でも観たかのような視聴後感があって満足です。
武臨
2012/05/04 15:17
 沢尻エリカ、お得意の清純派キャラと悪女キャラ、その二面性を見事に演じきっていたと思います。彼女以外でこういった役をできる人って、他に見当たらないですもんね。
 余貴美子は最初の怪しいキャラからどんどん良くなって来るという、これもプラン通りの演技ですね。これもはまり役でした。
 おっしゃる通り自殺の謎をぼかしたのも功を奏しています。映画的な作りがいい方向へ作用しましたね。最近のスペシャルドラマの中では群を抜いた作品だと思いました。
管理人
2012/05/04 22:52
ドラマ特別企画「悪女について」感想 日々是雑感ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる