日々是雑感ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「リーガル・ハイ」最終回

<<   作成日時 : 2012/06/26 22:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 なんだか最終回が一番つまらなかった気が。そうなった理由は簡単で、ガッキーに焦点を当ててお話作っちゃったからでしょうね。彼女と堺雅人がまともにやりあっては度台勝負になりませんから。

 田畑智子も神保悟志も東幹久もただ出てきただけでしたし、法廷劇も物足りなかった。あとはサオリちゃんネタですが、これ、写真立ての正体が実はペットとかだったら最低だな〜と思いながら見ていたら、そのまんまだったので苦笑してしまいました。もうこの辺りは面白くないギャグを無理矢理見せられている感じで辛かったです。

 総括すると、ドラマとしてはそこそこ面白かったものの、全体的には残念なところが目立ちました。コメディとして成り立っていなかったのと、新垣結衣がヒロインとして機能していなかったのが痛かったですね。結局堺雅人の演技を楽しむだけで終わってしまった感じです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「鍵部屋」:確かに玉木宏はプロフェッショナルっぽい匂わせ方だったので素人の復讐とは思いつきませんでしたね。そういう意味では2回に分けたのも納得です。で、縦糸たる榎本の正体ですが、意外感もないし糸が細かったせいもあってインパクトにも欠けました。ただ凸凹トリオの絡みは良かったので、その意味では彼の正体は残念でしたね。この設定は原作通りなんでしょうか。だとするとやはりホラーの人っぽいラストですね(^^)

「リーガル」:最終回あーやっちゃったかって感じですね。摩擦係数の超低いコメディ要素をいつもより多くしたために法廷物っぽい内容も薄く、かつ笑えないというどうしようもない出来でした。同じ笑えないのでもまだ「ギガゼウス」の方が2.5周くらいして笑える感じです。結論、このドラマ、ただただ堺雅人に拍手。
武臨
2012/06/30 13:34
 「鍵のかかった部屋」、最終回を前後編に分ける必要あるのか疑問だったんですが、見てみれば納得。やはりこのドラマよく出来ています。
 榎本の正体については原作通りなら、もっと伏線張っていると思うんですが、どうなんでしょうか。ドラマの内容的には別にあってもなくても困らないネタでしたし。

 「リーガル・ハイ」、最後までコメディであることが足を引っ張りましたね。コメディの出来が悪くて時間稼ぎにしかなっていないという。初回と最終回はそれが一番顕著でした。まあ、堺雅人の演技を見られただけでも吉としましょうか。
管理人
2012/06/30 20:59
「リーガル・ハイ」最終回 日々是雑感ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる