日々是雑感ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラマスペシャル「みをつくし料理帖」

<<   作成日時 : 2014/06/08 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2012年の9月にドラマ化された「みをつくし料理帖」。その続編の感想です。

 今回は人情話の比率をかなり多くしていますね。その代わり料理ネタが減ってしまった。まともな料理は序盤の野草尽くしと終盤のハモの椀だけでしたし。

 お話的にはツッコミどころ満載で、構成が下手なのも前作と同じ。たぶん原作の何話かをつなぎ合わせているんでしょうけど、富三やあさひ太夫の下りとか中途半端なエピソードも多かったです。

 一番笑ったのは室井滋が病気になるシーン。平岡祐太が「今晩が峠です」って匙投げているのに、TOKIO松岡が突然現れて生姜を渡し、それに原田美枝子が「黒豆加えたらどうかしら?」って言って素人考えで病気が治っちゃうって、ほとんどギャグにしか見えませんでした。

 キャストでは、北川景子はいつもながらの安定感。この人が出て来ると時代劇が途端にファンタジーっぽくなっちゃう。でも、料理のシーンは頑張っていたと思います。
 ゲストで印象的だったのは片岡鶴太郎。最初はこの人がラスボスキャラかと思ったけど、ただのツンデレオヤジでした。

 前作では上方の味付けを江戸に持ち込んだらどうなるのかという大きなネタがありましたが、今回は女の料理人ゆえに評価されないというのがテーマみたいでした。結局美味しいものを作ったもん勝ちという、良く言えば真っ当、悪く言えば安直な解決方法。それはそれでこのドラマに合っていたと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ドラマスペシャル「みをつくし料理帖」 日々是雑感ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる