日々是雑感ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ど根性ガエル」第1回

<<   作成日時 : 2015/07/11 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 吉沢やすみが『少年ジャンプ』に連載していた漫画「ど根性ガエル」が、なぜか唐突にドラマ化。しかも大幅に設定を変えて。もっとも、参考にしているのは同じ日テレで放映されたアニメ版の方みたいです。

 初回の感想。予想通りというか、予想以上にダメダメでした。最初の河川敷のシーンでもう視聴止めようかと思った。ダメな作品は最初からダメですから。

 ダメ人間の更生物語だというのがわかる。ただ、ひろしがダメ人間になった理由が、京子ちゃんに振られたから、というだけでは視聴者の共感得られないでしょう。もっと何か止むに止まれない理由を考えないと。
 ピョン吉が死んでしまうかも……というネタも、終盤に入れないと意味がない。お話始まったばかりでは、ただのカエルに感情移入できるわけないですから。この辺りも、脚本とストーリー構成が上手く行っていない印象です。

 キャストの演技で言えば、松ケンは頑張っているものの、設定されたキャラがイマイチだから伝わって来ない。満島ひかりは、ただアニメ版の声を真似しているだけで、独自の演技プランがあるのかどうか。京子ちゃんもゴリライモも五郎も魅力的なキャラじゃないし、皆の演技が落ち着くのはでんでん演じる町田先生が出て来てから。ただ、白羽ゆりだけが漫画の中から抜け出て来たようなキャラで印象的でした。

 お話的にはピョン吉がいなくても成立するので、このドラマの存在自体が無意味なものになってしまいそう。まあ、日テレらしいマジボケと言えばそれまでですが、それに視聴者付き合う必要も無いわけで、2話以降は見なくてもいいかなって気持ちになってしまうのも事実です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
「ど根性ガエル」第1回 日々是雑感ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる