中山道を歩く 軽井沢宿から坂本宿へ

 中山道を歩く旅、今回は群馬県に行ったついでに、碓氷峠を歩いてみることにした。  JR横川駅から碓氷峠に登り軽井沢へ、軽井沢駅からバスで横川駅に戻るというのがメジャールートであるが、それでは道中ほぼ上りだけになるので、軽井沢から東へ、横川駅を目指すルートにした。  軽井沢駅は標高939m。横川駅は386m。途中の碓氷峠の標高が約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最後のレストラン」第4回

 今夜のゲストは土方歳三でしたが、ゲスト以前にお話が根本的に面白くないですね。基本コメディタッチなのに人の生き死に関するシリアスな話をされても伝わって来ないですし。  料理の方もあまり工夫がなく、美味しければそれでオッケーみたいなどうでも良さを感じさせてしまってます。前回居残ったジャンヌダルクも何のためにいるのかよくわかりませんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最後のレストラン」第3回

 第3話のゲストはジャンヌダルクことトリンドル玲奈。彼女はオーストリア生まれのハーフで、日本語の他は英語とドイツ語に堪能……って、なぜフランス人役にした? マリー・アントワネットじゃ駄目だったのかなあ。  お話の方は今回もあって無きがごとし。「神の奇跡を感じさせる料理を作れ」というのがお題だったのに、なぜか母の味にすり替わっちゃっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最後のレストラン」第2回

 2話のゲストはクレオパトラ。ほとんど小沢真珠本人にしか見えませんが、古代エジプト語話されても困るし、元々ヌルいドラマだからこれでいいんでしょう。  で、料理の方も、辛い物の後に甘いデザート食べさせてそれでオッケーという安直なもの。前回の信長編もそうでしたが、これはきっと脱力させるのが眼目なのかも知れません。  次回ゲストは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレミアムよるドラマ「最後のレストラン」第1回

 NHKのBSプレミアムで始まった30分ドラマ「最後のレストラン」。初回の感想です。  田辺誠一がオーナーシェフの流行らないレストランに歴史上の偉人が来店、オリジナルの料理を作れと迫るという筋立て。初回のゲストは竹中直人演じる織田信長。信長×フレンチというと、どうしても「信長のシェフ」とかぶるなあ。  お題は「空前絶後の料理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「精霊の守り人」第一部最終回

 バルサが怪物を退治し、王子が王宮に迎えられてめでたしめでたしで終わり。で、いいのかな? ラストシーンは原作にはないドラマオリジナルみたいですし。  結局このお話はチャグム王子の成長物語だったわけですが、キャストの演技が残念だったので、もう一つ伝わりませんでした。結果的に帝の怪演に食われてしまった感じ。  緊迫感も感動もほと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あにめたまご2016「カラフル忍者いろまき」「UTOPA」

 あにめたまご、残りの二作品は読売テレビ深夜の「MANPA」枠で放映。その感想です。 ・「カラフル忍者いろまき」(制作:シグナル・エムディ)  一見して「クレヨンしんちゃん」かと見まがうような作り。演出の人が一緒だからその影響でしょうか。これも温故知新枠っぽいです。  忍者が技を使って日常生活に影響を与えるって仕組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あにめたまご2016「かっちけねぇ!」

 あにめたまご、毎日放送での第二弾は手塚プロ制作の「かっちけねぇ!」です。「かっちけねぇ!」は「かたじけない」の江戸訛りだと思うけど、劇中では「ありがとうの意」という説明でした。  これは基本古めかしい少年漫画テイストの中で、ヒロインのキャラと声が浮いている。他にもところどころ違和感覚える描写があって、そこに引っ掛かって物語に入り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あにめたまご2016「風の又三郎」

 文化庁の若手アニメーター育成プロジェクト「アニメミライ」が「あにめたまご」と名前を変えてリニューアル。2016年の四作品が毎日放送と読売テレビで順次公開。その第一弾「風の又三郎」の感想です。制作はCGアニメを主に手掛けている武右ェ門。  最初に結論。良作でした。宮沢賢治の原作はあまり面白くないのでどうアニメで表現するのか心配だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「精霊の守り人」第3回

 今回は話があまり進まなかったなあ。バルサの過去話もあんなに何度もやる必要あるのかどうか。バッサリ削っても良かったと思います。  帝がだんだんヤバい人になって来た。「暗愚」というのを藤原竜也なりに表現した結果なんでしょうね。とにかくこの人が出て来ると盛り上がります。逆にイマイチだったのが吹越満。もっと存在感のある演技のできる人なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土曜プレミアム「真夏の方程式」感想

 月9ドラマ「ガリレオ」の劇場版「真夏の方程式」(2013年、西谷弘監督)が放映されました。「ガリレオ」の映画としては「容疑者Xの献身」に続く二作目。その感想です。  これは東野圭吾お得意の「殺人事件を加害者側の人情話で落とす」物語。今回はそれが上手く機能していました。この手法を取ると、被害者側の事情が置いてけぼりになるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「精霊の守り人」第2回

 原作を知らないせいか、パッと見ただけではわからないところがありますね。特に過去のシーン。こうも頻繁に過去話を挟む必要があるのかどうか。  キャストではベテランと若手の間にかなりギャップがあります。やはりベテラン俳優のシーンは安心して見ていられる。今回は、そのベテラン側で蛍雪次朗が登場。村の長老役でしたが、あいかわらずこの人は何の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」最終回

 かき揚げにビール、いいよねえ。かき揚げの中身はなんでも可。ウチではサツマイモを細く切ったのと人参とでよくやりますが、これも美味いものです。  二軒目の居酒屋ではカワハギの姿造り。薄切りにした身をポン酢で食べるってのは定番ですね。そう言えばカワハギの肝は食べたことないなあ。どんな感じなんでしょうか。  シーズン2を総括すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大河ファンタジー「精霊の守り人」第1回

 NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人」が始まりました。初回の感想です。  ファンタジーで一番重要なのは世界観の構築ですが、見たところ中華系かな? ただ、所々戦隊ものみたいなシーンもあり、コレジャナイ感が漂っていましたけど。  お話的にはまだ導入部なので、キャストの印象でも。目立っていたのは藤原竜也と平幹二朗。二人ともシェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」第11回

 今回の料理は焼き鳥ならぬ焼きとん。まだ実際にお目にかかったことないです。串焼きのたぐいなんだけど、塩もタレも美味しそうでした。  今回は小芝居も良かったですね。部長のオヤジギャグとか、何気にツボでした。ウクレレを多用した音楽もいいなあ。なんだかほっこりとするお話でした。  次回最終回。なんだか名残惜しいですね。最終回だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」第10回

 またいつもの「ワカコ酒」が戻って来ましたね。居酒屋に行って美味い物食って酒飲むだけ。それ以外に何が必要かって感じです。  今回の料理、金目の煮付け、子持ち昆布、肉豆腐と、自分がイマイチ好きじゃないものが並びました。肉じゃがはよく作るけど、肉豆腐は家では作らないなあ。だから、家庭の味と言われてもピンと来なかったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」第9回

 前回が底だと思っていたのですが、まさかそれを下回る回が来るとは。なかなか予想の斜め下を行ってくれます。  場末の大衆酒場でモツ煮込みや熱燗では、面白くなるわけがない。あんなタバコの煙が立ち込めるような場所、私なら入るのも御免です。まるで昭和の時代に逆戻りしたような今回でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」第8回

 今回はイマイチでした。その理由は簡単で、料理も酒も美味しそうに思えなかったから。  ポテトサラダにホッピーとか、ツナ缶に富士山麓ハイボールとか、とてもお金出して食べに行こうとは思わない。缶詰料理もいやに高かったし。それに、ヘンな小芝居はいらないです。「深夜食堂」じゃないんだからさ。  やはりオシャレな居酒屋に行って美味しそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」第7回

 今回は今までと演出変えて来ました。中盤なのでちょっと遊び心を出したってことでしょうか。  一軒目は沖縄居酒屋。沖縄独特のユルい雰囲気が出ていてなかなか良かったかと。ゴーヤーチャンプルーは具が大きかったのが印象的。泡盛はタイ米で作られているというのはちょっとした発見でした。  しかし、沖縄の方言というと「~~さあ」というヘンなち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」第6回

 今週の「哲この部屋」は村崎ワカコさんをお迎えしておでんと酒談義……じゃなかった(笑)。  というわけで、ゲストは渡辺哲。おでん屋の大将というよりは客の方がふさわしそうでしたが、どっちにせよ、あんな濃い顔のオッサンが屋台にいたら、そりゃ入りにくいだろう。そういう意味でナイスキャスティングでした。  おでんの前に居酒屋で鰆の西…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」感想

 スター・ウォーズ・シリーズのエピソード7にあたる「フォースの覚醒」(J・J・エイブラムス監督)を観に行って来ました。その感想です。ネタバレは無しで。  第1作(エピソード4)からリルタイムで見ている者にとっては「帰って来た」感が強いですね。ただ、冒頭「STAR WARS」ロゴが現れるときに何か違和感があると思ったら、20世紀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」第5回

 今回は武田梨奈が太極拳に挑戦! 太極拳と言えばゆるやかに弧を描くイメージだけど、空手家出身の彼女がやればどうなるのか。酒や料理よりも興味の対象はそこでした。  太極拳教室に一日体験入門って感じでしたが、指先の動きとか素人が見ても上手だとわかるのが流石でした。劇中でも「筋がいい」って褒められていたし、やはり流派は違えど拳法には共通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西国街道を歩く 芥川宿から~瀬川宿へ

 西国街道を歩く旅第三回。今回は高槻市芥川宿の先から箕面市の瀬川宿を目指します。  大阪の北郊を行く地味な道かと思いきや、歩いていると意外な発見があったりして面白い道中でした。  なお、前回のレポはこちら。 2月5日(金) 晴れ  午前11時10分、JR摂津富田駅は高槻と茨木の間に挟まれた普通電車しか停まらない駅。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」第4回

 今回も美味しそうだった! 訪れた居酒屋は一軒ながら、イベリコ豚の生ハム、レバーパテ、海老のアヒージョと料理も充実していました。  スペイン料理とスペインの葡萄酒を組み合わせていましたが、正直ワインはちょっとよくわからない。青山のかなりオシャレなバルなので、値段の方も未知数ですし。  最後にちょっとツッコミ。アヒージョを、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」第3回

 今回のお題は「広島の味」。特に最初の焼牡蠣が良かったですね。いくつ頼むか悩むところとか。カキフライの方はなぜかタルタルソースがついていなかった。最後のお店紹介の時にはちゃんとついていたのに。  回を重なる従ってリアリティが増していい感じになっています。何気に音楽もいいですね。もう毎回やる「ぷしゅー」なんてネタは無しでいいんじゃな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マネーの天使」第3回

 今回もゲストの黒川智花が可愛かった! 特に序盤の男を騙すところは可愛さMAX。あれだけ可愛いとマンションの一軒や二軒、買ってやってもいいかな?って思ってしまう悲しい男の性。(笑)  と、良かったのはそれだけで、あとは杜撰なお話でイマイチ感動できませんでした。女子高生三人組も可愛さを発揮できず、コメディ演技が達者なはずの竹中直人と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ニーチェ先生」第1回

 やっと実写ドラマのOPにも初音ミクが使われるようになったか……と、内容とは全く関係の無いところが気になった「ニーチェ先生」。読売テレビ製作の深夜ドラマです。  ドラマというよりはショートコントですな。いかにも漫画原作という感じのネタが並んでいます。ただ、そのネタが少々しつこい。もうちょっと早めにオチに持って行った方が面白くなるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワカコ酒2」第2回

 今回は最初に行った居酒屋が良かったですね。お通しに鰆とシメジの椀ものを出すこだわりのお店。ああいう小奇麗な居酒屋なら女性一人でも安心して飲みに行けそうです。  あさりの酒蒸しに温めの燗というチョイスも良かった。見ていて思わず幸せな気分になってしまいます。まさに「ほっこり」という言葉がよく似合うような。  厨房の中を映して作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マネーの天使」第2回

 今回はゲストが良かったですね。特に星野真里。男に騙されるちょっとダメな女の役を好演していました。そして、年齢を超えた可愛さが感じられるところもあって、さすが女優さんは凄いですね。  もう一人のゲスト、忍成修吾もハマり役。彼はこういう小者っぽいチャラ系ダメ男が似合いますね。欲を言えばもっとクズな演技をしてほしかった気もしますが、逆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ダメな私に恋してください」第1回

 深田恭子主演のラブコメ「ダメな私に恋してください」。同名のレディスコミックが原作です。  これはドラマ史上最強に可愛い深キョンかも知れない。もう何をやっても可愛いの一言。年を取った方がより可愛くなるとは深キョン恐るべし。  いかにも少女漫画原作な内容ですが、飽きずに見られる出来になっているのは、主演二人の力でしょう。相手役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more