映画「夜のピクニック」感想

 恩田陸の同名の小説を映画化した「夜のピクニック」(長澤雅彦監督)を見に行って来ました。そのネタバレ込みの感想です。


 舞台は高校の歩行祭。歩行祭とは、一晩中かけて80kmを歩きとおす、耐久徒歩遠足のこと。主人公の貴子(多部未華子)は、同じクラスの融(石田卓也)に、この歩行祭の間に話しかけるという「賭け」をしていた。その理由は、二人の関係が異母兄妹ということで、お互いに距離を置いてしまっていたから。なんとか普通に話ができる関係になりたい。それにはこの特別な「歩行祭」が最後のチャンス。ところが、そんな二人のギクシャクとした様子を見て、クラスメイトは貴子と融がお互いに気があるのだけど告白できない、と勘違いしてしまう。夜を徹して歩きとおしてやがて朝を迎え、果たして貴子は融に話しかけることができるのかどうか・・・。というのが大まかなあらすじ。

 淡々と、すごく淡々と進んでいく作品です。時々、幕間喜劇みたいなのがはさまれるけど、基本的にただ歩く若者たちの姿を描いているだけ。だが、それが逆にいい。いかにも青春のひとコマって感じで。特別な日なんだけど、端から見れば別に特別なんじゃない、でも本人たちにとってはすごく特別、というような感覚がよく表されていると思います。

 キャストでは、主人公二人よりも、その友人役の貫地谷しほりと郭智博が印象に残りました。そして、少し浮いていたのが高部あい。この子はぶりっ子演技はあまり似合わないと思う。池松壮亮の使い方も微妙でしたが、こちらはオチがあったのでそんなに気にはならなかったです。
 あと、名前はわからないのですが、実行委員役でちょっと伊藤淳史に似ている男の子が印象的でした。なんていう子かなあ。
 大人の脇役では嶋田久作に期待したのですが、こちらは大したことはなくて、チョイ役ですが徳井優が良かったです。ああいう何気ないところでちゃんと存在感を見せるとは、さすがは名バイプレーヤーですね。

 青春映画としては十分に及第点の作品だと思います。もうちょっと最後の歩行祭という焦燥感みたいなのが出せればもっと良かった。でも、ちゃんと高校の伝統行事の雰囲気は十分リアルに伝わっては来ました。こういう行事、うちの学校ではなかったので、ちょっとうらやましかったです。


※総合評価、5段階で星3つ。主人公二人がもうちょっと魅力的だったら星4つになっていたでしょう。こういう作品は映画館のスクリーンで見てこそ、その空気感が伝わるので、青春映画が好きなひとは、是非。