「グッジョブ」第1回

 NHKの夜ドラ「グッジョブ –Good job-」が始まりました。原作は『Kiss』で連載中の漫画で、大森美香が脚本を書いています。

 初回の感想。う~ん、いろいろ惜しい。もっともっと面白くなる作品なのに、随所で詰めの甘さが目立ってます。
 主役の二人のキャラがちょっと不分明。直情径行型のOL番長・上ちゃん(松下奈緒)と、昔かたぎのオレ様サラリーマンの黒木(徳重聡)が対立するという構図ですが、これがうまく機能していなかった。特に黒木がオレ様のようでいて結局はOLたちに振り回されているってところがうまく描けてませんでした。これは脚本が甘いせいでしょうね。

 後半のOLたちが有能ぶりを発揮して仕事をてきぱきと片付けていく、という描写もイマイチ。ただドタバタと動き回っているだけにしか見えなかった。こっちは演出の甘さが出たみたいです。

 ただ、市川実日子とサエコのキャラがすごく立っているのが救いでしょうか。特に市川実日子はもう一人の主役と言ってもいいぐらいの存在感でした。

 基本的に一話完結で、次回は違うネタ中心の話になるみたいなので、出来が良くなる可能性もあります。とりあえず明日も見てみるつもりです。