「とある科学の超電磁砲」第12回

 第一部レベルアッパー編完結。やはり戦闘シーンはアニメだと見応えありますね。美琴が「怪獣映画かよ」って突っ込んでましたが、AIMバーストは原作よりも怪獣度アップ。往年の怪獣映画を彷彿とさせるシーンもありました。

 美琴の決めのセリフが原作とは異なってましたが、これはアニメの流れに沿ったいい改変。アニメでは佐天さんとの絆がより深くなっていたので、これは納得です。

 矛盾点というかツッコミどころは黒子の最後の行動ですね。体を触られただけで痛がっていたのに何その超回復ぶり?(笑) まあこれはお姉さまに対する愛が痛みを上回ったってことにしときましょーか。

 さて次回「ビキニは目線が上下に分かれますけど、ワンピースは身体のラインが出ますから、細い方しか似合わないんですよ」。第二部の初っ端が水着回ってのも微妙ですが、視聴者サービスだということで期待しましょう!