「とある科学の超電磁砲」第16回

 15話と16話はこのアニメの中では異色の話。それだけに難しかったと思うんですが、ちゃんと一つのエピソードとしてまとまってましたね。欲を言えば、固法先輩と黒妻さんの過去をもうちょっと掘り下げたかったところですが、そうすると美琴たちの出番がなくなっちゃうし難しいところです。

 今回は黒子がいい味を出していました。珍しく一歩引いて視聴者目線を提供するキャラ。そして、珍しく変態描写がなかった(笑)。彼女の「うわ!いつの時代の方ですの!?」にはつい笑ってしまいました。最後まで少年漫画的なノリでしたね。

 美琴たち能力者がいくら街を壊してもお咎め無しなのに、レベルゼロだと人を殴っただけで逮捕されちゃうってのが「学園都市」らしいですね。そして、「キャパシティダウン」は、学園都市の上層部とは違うところで用意されたっぽい? この辺りはまだまだ先の話でしょうけど。

 次回、予告を見る限りでは先生方中心の話みたいですが、ボクシングのグローブをはめている美琴と佐天さんが謎すぎる。重い話が続いただけに、軽いギャグ回になってくれることを期待。