アニメ「バクマン。」第2回

 『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画「バクマン。」がNHKによりアニメ化です。初回は見逃したので感想は第2話から。なお、原作は未読です。

 前半部の学園ドラマの出来が悪いのでどうなることかと思いましたが、これって別に学園物じゃないから無問題ですよね。後半部が示すように主人公の少年の成長物語。ラストにひたすら駆けるシーンを入れるとか、青春物のセオリーどおりに作っていました。

 今回良かったのは、主人公のおじいさん。地味だけど存在感のあるキャラで、ラストの展開が唐突に感じなかったのは、このおじいさんのおかげでしょう。もし実写化されるなら柄本明あたりにやってほしいです。

 ツッコミどころは、皆とても中学生には見えないこと。特に女子の制服は胸を強調しすぎだと思います。まあ今中三らしいからすぐに高校生になるんでしょうけどね。

 NHKらしい丁寧な作りで好印象でした。ただ、全25話だそうですが、原作がまだ連載中ということでどこまでアニメ化するのか。尻切れトンボで終わりにだけはならないでほしいです。