映画「大奥」感想

 よしながふみの同名コミックが原作の男女逆転「大奥」(金子文紀監督)を観に行きました。その感想です。ネタバレ入ってますので、未見の方はご注意を。



 これは想像以上に面白かった! 荒唐無稽な設定ながら、ちゃんと世界観が出来上がっているのが成功の原因でしょう。脚本、演出、キャストの演技と三拍子揃った意外な良作。

 中でもキャスティングがいいですね。多彩な俳優陣がそれぞれのキャラにあった役を演じている。ムロツヨシはわかりやすいやられ役だし、大倉忠義は二宮和也に負けちゃう役、堀北真希はいいとこのお嬢さんで、玉木宏は色気のあるイケメン。何か企んでいる佐々木蔵之介に、人当たりが良さそうながら芯の強さを感じさせる和久井映見。屈折している阿部サダヲに、いい人全開の中村蒼。あと、お伽坊主役の浅野和之も何気に良かった。出番はわずかながらちゃんと記憶に残るのは名バイプレーヤーの証しですね。

 主演の二宮和也は流石に演技力があります。江戸っ子風の伝法な口調も、力のあるセリフも共に上手い。それにこの役に欠かせない爽やかさを感じさせるのがいい。殺陣もきっちりやっていたし、隙のない役作りでした。
 ヒロイン役の柴咲コウも流石ですね。見る前は徳川吉宗役なんて無理だろうと思っていたんですが、そんなこと全然なかった。堂々と将軍役を演じていました。特に水野に声をかけた後で言う「私も女だったということだよ」ってセリフが最も印象に残りました。マンガっぽいセリフだけど彼女が言うと真実味があるから不思議です。
 最初に馬に乗って登場するシーンは、たぶん「暴れん坊将軍」のオマージュですね。その後のお忍びで江戸市中巡察のところは「水戸黄門」っぽかったですけど。
 大岡越前役の板谷由夏も違和感なかったし、間部詮房役の菊川怜も予想以上に良かったです。これだけキャスティングがハマっている作品はちょっと珍しいかも知れません。

 堀北真希関連の重要なシーンが全て滋賀県ロケなのは何か理由があるのかと思いましたが、これは単なる偶然でしょうね。二人がいつも会っていた神社は甲賀市の油日神社。鼻緒が切れた石塀の道は大津市の三井寺。そして、ラストのお墓のシーンは同じ三井寺の観音堂でした。なお、撮影に関しての情報は「滋賀のロケーションガイド」を参考にしています。


※総合評価。五段階で星四つ。漫画原作のあり得ない世界を上手に実写化していました。場内は若い女性の方が多かったですが、時代劇好きな人が観に行っても満足できる出来だと思います。