「アスコーマーチ」第4回

 今回もいい出来でした。竹内くんの救済話を、直が自分の未熟さを指摘されながらもそれを克服するという、このドラマ独自のテンプレ展開を使って上手にまとめていましたね。

 若手キャストが最低限の演技をできているのが大きいですね。武井咲もずいぶん表情豊かになって来ました。剛力彩芽も前回あたりからキャラつかんだみたいですし。もちろん、今回の話の核となる永山絢斗も良かったです。

 主要キャラ以外の男子が単純バカだというのが、このドラマの鍵ですね。だから雰囲気があまりとげとげしくならない。そういう脇のキャラも結構活躍していて、今回はロボット部の太っちょ眼鏡がなんかイケメンキャラになっていました。

 ずっと引きずっている直の転入話が次回で決着つくのかどうか。菊川怜関連のネタがどうなるのかが不安材料ですが、次回も楽しみにしています。