「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」第1回

 誉田哲也の同名の小説が原作の「ジウ 警視庁特殊犯捜査係」。多部未華子と黒木メイサのダブルヒロイン形式です。

 まず注目は多部未華子の演技。もはや安心して見ていられるというか、円熟味さえ感じられますね。今回も抑えた演技をしつつ、目の配り方やちょっとした間とか、ほぼ完璧に門倉美咲というキャラを演じていたと思います。
 黒木メイサも、自分に合ったキャラだから安心感があります。あとは感情が激した時をどう演じるか。文字通り「体当たり」で頑張ってもらいたいものです。

 ストーリーの縦軸となる「ジウ」の存在感がいまひとつ。なんかチープな感じしかしない。何よりも重大犯としてのオーラがないのが一番の問題点でしょうか。まあこれは演出のせいでもあるでしょうけど。

 初回はまずまずの滑り出しだったので、深夜ドラマらしいチープさを出さずにいかに緊張感を持って物語を進められるか。2話以降の出来を注目したいと思います。