日々是雑感ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ「八重の桜」第1回

<<   作成日時 : 2013/01/07 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 新島襄の妻の八重を主人公にしたNHKの大河ドラマ「八重の桜」、第1話の感想です。

 幕末が舞台ということもあって、興味を持って見ることができました。一話途中でリタイヤした「平清盛」と違って、こちらはしばらく見続けられそうです。

 前半の会津の話では、松平容保役の綾野剛が良かったですね。いつもの女たらしなキャラは封印して、きりりと涼やかな若殿様を好演していました。主役の八重は子供時代だったこともあって目立たない印象。

 後半の江戸編は八重の兄の山本覚馬が主人公。西島秀俊もなかなかハマっていました。あと目立ったのは川崎尚之助役の長谷川博己。優男役が似合っています。なんだか偉そうな佐久間象山役の奥田瑛二も良かったですね。

 次週からは綾瀬はるかも登場してお話も本題に入りそうですが、青春群像劇っぽい作りにしている限りは視聴継続できそうです。どういう具合にストーリーが展開するのか、楽しみにしています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
大河ドラマ「八重の桜」第1回 日々是雑感ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる