日々是雑感ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS BS時代劇「一路」第1回

<<   作成日時 : 2015/08/03 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 金曜の午後からBSプレミアムで始まった時代劇「一路(いちろ)」。原作は浅田次郎の同名の小説です。

 あらすじ紹介。西美濃田名部郡に領地を構える蒔坂家は、旗本ながら交代寄合表御礼衆と呼ばれ参勤交代の義務を要する。その参勤交代の道中を取り仕切るのが御供頭の小野寺家。主人公・小野寺一路は江戸で文武修行中の所を急な使いで国元に呼び戻される。実父の弥九郎が不慮の失火で焼死してしまったのだ。一路には父の跡を継いで参勤交代の差配をせよとの主命が下るが、未経験の若者にはどだい無理な話。そして、その裏には蒔坂家の継嗣問題に端を発した陰謀が企てられている様子。果たして一路は首尾よく行列を江戸に導くことができるのかどうか。

 脚本が渡邉睦月ということで心配しましたが、原作からいろいろ変えているものの、そんなに無理矢理感は無かった。いや、この物語自体が無理ネタみたいなものですから、目立たなかったと言った方がいいかも知れません。

 キャストは殿様役の渡辺大がいいですね。バカ殿なんだけど人の良さもにじみ出ているという。悪役は佐野史郎ですが、こちらはいつもの見慣れたキャラ過ぎて新鮮味が無かった。まあ、安心しては見られるんですけど。
 時代劇だとどうも若手俳優たちの演技が心もとなく見えますね。主役の永山絢人も悪くはないんだけど、ハマり切っていない。この辺りは回を重ねると違ってくるかも知れませんが。

 滋賀県ロケでは日吉大社の石橋と坂本の穴太積みの石垣のある道が使われていました。この辺は時代劇の定番ロケスポットですね。この後も何度か滋賀県ロケがあるそうで、見つけるのが楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
BS時代劇「一路」第1回 日々是雑感ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる